Canvaでブログのアイキャッチ画像作ったらいい感じになったって話。画像にテキストを挿入したいならキャンバが超おすすめ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャンバ

つい先日、Canva(キャンバ)の日本語版がリリースされたので、さっそくキャンバ使ってブログのアイキャッチ画像を作ってみました。少々癖はあるものの、工夫次第ではなかなかいい感じになるので、ブログネタとして取り上げさせていただきます。ブログのアイキャッチ画像はもちろん、インスタ映えする画像や、Facebookのヘッダー画像などなどにも活用できるので、WEB界隈で活動している方は、ぜひチェックしてみて下さい。

Canva(キャンバ)とは!?

キャンバとは

キャンバとは、PhotoshopやIllustratorの知識ゼロでも簡単にオシャレな画像が編集ができる便利なWEBサービスです。有料版と無料版がありますが、『どうしてもオリジナルフォントを使いたい!』といった方意外は無料でOKだと思います。有料版と無料版の違いは最後で書きます。

Canva 公式

さっそくキャンバでアイキャッチ画像を作ってみました!

それでは実際にキャンバがどんな感じのWEBサービスなのか見ていきましょう。

キャンバにアクセスとすると以下のような画面になりますので、アカウントを作成しましょう。

アカウントを作成したら再びキャンバにアクセスしてみて下さい。下のような画面になると思いますが、これがキャンバのダッシュボードです。

『デザインを作成』をクリックすると、テンプレートの一覧が表示されます。画像の用途がはっきりしている場合は、ここからイメージにあったものを選んで画像を編集すると簡単だと思います。

お好みのテンプレートジャンルが決まったらクリックしてみて下さい。

こんな感じで画像の編集画面が表示されるはずです。

レイアウトからお好みのものを選んでみましょう。今回はこのレイアウトにしてみます。

ここにテキストを挿入してみましょう。

ダッシュボードの左にある『テキスト』を選択して『見出しを追加』をクリックしてみてましょう。

挿入したテキストを選択するとフォントを変えたり、カラーやサイズを変えたりすることができます。日本語のフォントもそこそこ種類があるので、とってもいい感じです!

スタイルを選んだ時の元々のテキストは選択してデリートすれば消せますので、邪魔だから消しちゃいましょう。

キャンバにはイラストを簡単に挿入できる機能もあるので、『ちょっと画像にアレンジを加えたいな~』って時は追加してみて下さい。もちろんイラストのサイズや透過率も簡単に変更することができますよ!

こんな風に図形も簡単に挿入できるので…

これをアレンジしてアイキャッチ画像タイトルの帯にしてもいい感じです!

ものの5分でブログのアイキャッチ画像が完成しました。

あとはダウンロードしてブログにアップすれば完成です。

さいごに

本格的な画像編集は、やはりPhotoshopやIllustratorに敵わないと思いますが、簡単なものならキャンバで十分ではないでしょうか。工夫次第では、オシャレなアイキャッチが作れると思いますので、ぜひ活用してみて下さい。もちろん、オリジナルの画像をアップしてのテキスト挿入もできますのでご安心下さい。さいごにキャンバの有料版と無料版の違いについてサクッとご紹介して終わりにしたいと思います。

有料版と無料版の違い

有料版では主に以下の機能が使えます。

有料版と無料版の違い

プラン詳細