読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今さらだけど気持ち良すぎる計算脳トレ『HAMARU』をやってみたら意外とハマっちゃったって話

このエントリーをはてなブックマークに追加

hamaru

ちょっと前に計算脳トレの『HAMARU』なるものが結構面白いという記事を見かけました。さっそくスマホにダウンロードしてみましたが、結局やらずじまいで、その存在すら忘れていました。最近これと言って興味をひくような、新作アプリのリリース情報がなく、ブログもネタ切れぎみなので、本日は今さらですが、ちょっと前に話題になった『HAMARU』をやってみたいと思います。脳トレ好きの人は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

計算脳トレ『HAMARU』とは!?

hamaruとは

『HAMARU』とは、『Google Play』の教育部門で見事ランキング1位を獲得した人気上昇中の計算ゲームアプリで、リリース元いわく、認知症やアルツハイマー病の予防にもおすすめの脳トレアプリとのことです。BGMとアクションが素晴らしく、テンポよくゲームを楽しむことができちゃいます。僕も週末にプレイしましたが、かなり中毒性のある面白いアプリです。子供が小学生になったら絶対にやらせようと思います。

計算脳トレ『HAMARU』はこんな感じのアプリです!

まずはプレイ動画を!

『HAMARU』はBGMとデザインが素晴らしいので、今回はプレイしている様子を動画で撮影してアップしてみました。音が出てもOKな方は動画の方が良さが伝わると思うので、ぜひ見てください↓

ルール説明

とまぁ~、動画見ていただければ、もはや説明は不用なんですが、ここで終わっては当ブログの存在価値がなくなってしまうので、『HAMARU』のチュートリアルの一部をご紹介したいと思います(笑)

基本的には上から計算式が降ってくるので…

チュートリアル

それを計算します。今回の場合だと『1+1=2』なので、電卓みたいな数字の列から『2』を選んでタップします。

タップ

その後、上から降ってくる計算式をタップすると、計算式を破壊することができます。この計算式の塊を素早くたくさんぶっ壊すと高得点が狙えるってわけです。ちなみに計算式は、足し算だけでなく、引き算や掛け算なんかも出てきます。

計算

1ステージの制限時間は60秒で、計算式の塊をぶっ壊すことができずに、電卓みたいな数字の列あたりに到達してしまうと、秒数が減ってしまいます。とまぁ~、基本的なルールはこんなところです。

制限時間

ちなみに練習モードの1-4をクリアすると挑戦モードが出現します。

挑戦モード

挑戦モードとは、段々と難しくなる問題を数多く解いて世界中のプレイヤーと競うモードです。

挑戦モード

※ 当ブログでは、『HAMARU』以外にも面白いスマホゲームをたくさん紹介しています↓

wepli-dot2.hatenablog.com

さいごに ~HAMARUの感想~

今回『HAMARU』をプレイしてみて思ったのですが、脳トレってやり出すと面白いですね。つまらない脳トレもあると思いますが、『HAMARU』なら子供から大人までバッチリと楽しめると思います。瞬間的に計算をする能力が養えるので、小学生くらいの子供にやらせれば、かなり計算上手の子供になるのではないでしょうか。ただ、1-4あたりから広告が多くなるので、子供にやらせるなら課金して広告を消すか、データ通信をオフにしてプレイするといいと思います。ダウンロード自体は無料ですので、まずはスマホにインストして試してみてはいかがでしょうか。

『HAMARU』のダウンロード

hamaruダウンロード

※ こちらの記事もおすすめですよ↓

wepli-dot2.hatenablog.com

wepli-dot2.hatenablog.com