読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『Compathy』は旅行に行けない人にこそオススメしたいアプリ!旅人の生の記録をチェックせよ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Compathy

旅行に行きたいけど、忙しくていけない時は皆さんどうしてますか?私は旅行日記をシェアできる『Compathy』というサービスで旅行気分を味わっています。『Compathy』はもともと自分だけのオシャレな旅行日記を作ることができるサービスですが、旅行にあまり行くことができない旅行好きの人にも楽しめるサービスなんです。一言で言えば『世界中を旅した気分になれる』アプリです。本日は、そんな『Compathy』のちょっと変わった使い方をご紹介したいと思います。

世界中を旅した気分なれる旅行アプリ『Compathy』とは!?

Compathyアプリ画像

『Compathy』とは、株式会社ワンダーラストがリリースしている旅行日記をシェアできるサービスです。『Compathy』は2014年にアプリがリリースされており、ブラウザでもサービスを使うことができます。写真と共に旅の思い出をアップロードし、『ログブック』と言われる旅行日記を作成することにより、友人や旅好きのユーザーと共有や交流ができるサービスです。旅を通じて様々な国の人々とつながることができるそんな素敵なサービスです。

『Compathy』はこんな感じのアプリです!

これから『Compathy』の『ログブック』の見方と作り方を紹介して行きます。『ログブック』とは、ユーザーが作るオリジナルの旅行日記です。まずはFacebookアカウントでログインしましょう。

『Compathy』はFacebookアカウントでログインすることで『ログブック』を作成することができます。

CompathyTOP画面

『Compathy』には大きく分けて、

  • みる
  • さがす
  • つくる

の3つの機能があります。まずは『Compathy』で旅気分を味わえる『みる』の機能から見ていきましょう。

Compathy3つのタブ

『みる』機能で世界中を探検しよう!

画面の左下の『みる』タブから、たくさんの『ログブック』を見ることができます。画面を左右にスライドすることで『新着』の『ログブック』や、『週間TOP10』などを見ることができます。

他には『アジア』や『中南米』などの地域ごとに分かれたカテゴリもあります。『Compathy』のコンテンツボリュームの多さが伺えます。

Compathyメインコンテンツ

興味がある『ログブック』が見つかったらタップして見ましょう。タップすることで、『ログブック』を詳しく読むことができます。

Compathyログブック

画面上で左に大きくスライドすることで、次のエピソードを見ることができます。ページをめくるような動作なので、本の物語を読んでいるような感覚で、他のユーザーの旅行記を楽しむことができます。

Compathyページめくり方

画像をタップすることでより綺麗な写真を見られます。

Compathy綺麗な写真

下の部分をタップすると、世界各地の写真とともに投稿者の体験談を読むことができます。『Compathy』ではキレイな写真だけでなく、旅行者の生の体験が見られるので、雑誌では味わえないリアルな記録を見ることができます。

Compathy体験談

写真のエピソードごとに『行ってみたい』というボタンをタップすることができます。この『行ってみたい』は、Facebookのいいね!にあたるものです。投稿者への応援にもなりますので、少しでも素敵な投稿があったら積極的に『行ってみたい』ボタンをタップしましょう。

Compathy行ってみたいボタン

また、画面右上にあるコメントボタンからコメントすることができます。

Compathyコメント

エピソードや写真についての質問や、ユーザー同士のコミュニケーションが気軽にとれる機能です。

Compathyコミュニケーション

ちなみに『マガジン』というタブでは、『Compathy』公式による国内外の記事を読むことができます。旅のお役立ち情報や、マイナーな情報が配信されているので、こちらも要チェックですよ!

Compathyマガジン

次は『Compathy』の本来の使い方である『旅行記』の作り方をご紹介します。

『つくる』機能で自分だけの旅行記を作ろう!

先ほども言いましたが、Facebookのアカウントでログインしていないとこの機能は使えません。『ログブック』はやり方を覚えれば誰でもすぐに作れます。簡単に説明していきますね。画面下の『つくる』タブを選択して、『まずは写真を選ぼう』をタップしましょう。

Compathyログブック作り方

そして、アップロードする写真をスマホから選びます。使いたい写真を全て選択できたら『次へ』ボタンをタップしましょう。この時アップロードする写真の順番は気にしなくても大丈夫です。

Compathy写真

『ログブック』の表紙では、次の項目を入力しましょう。

  • メインタグ
  • タイトル
  • コメント

Compathy表紙

先ほど選択した写真は、自動で時系列に並び替えられますので便利です。写真1枚ずつに思い出とマップの位置情報などを入力していきましょう。

Compathy最終確認

今回の記事で使った写真は、2014年に撮影したプライベートの写真で、正確な位置を忘れてしまったので未入力ですが、写真の位置情報をきちんと入力すると、下のようにMAPに反映させることができます。

CompathyMAP

全ての写真に思い出を入れ終えたら一番下の『完了して公開』をタップしましょう。写真の場所がわからない場合は入れなくても大丈夫です。

Compathy完了して公開する

こんな風に、私が作った『ログブック』がきちんと公開されました。実に簡単に旅行記を作成することが出来ました。

Compathy公開確認

『さがす』機能でおすすめスポットを探そう!

最後に『さがす』機能をサクッとご紹介しておきます。『さがす』機能では、『ログブック』を国別やタグ別で検索することが可能です。

Compathyおすすめスポット

さらに都市別まで検索することができるので、ピンポイントで行きたい場所がある方は、ぜひチェックしてみてください。

Compathy検索の仕方

さいごに

『Compathy』はいかがでしたでしょうか?『Compathy』で実際に『ログブック』を作成して、旅行記を作るのも楽しいのですが、私のように『ログブック』を眺めて楽しむ使い方も、なかなかおすすめの使い方だと思います。『Compathy』の楽しみ方は、人それぞれですが良サービスであることは間違いありませんので、旅に少しでも興味がある方は、ぜひ一度のぞいてみてくださいね。

『Compathy』のダウンロード

Compathyアプリ画像

※ 2017年4月現在Android版は未リリースです。

『Compathy』のブラウザ版はこちら

記事を書いた人