読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wepli.2

うぇぷり どっと に

『iPhone7 Plus』に格安SIMぶち込んで月々480円で使うことにした!

その他

iPhone7 Plus 格安SIM

ついに本日、待ちに待った『iPhone7 Plus』が僕の手元に届きました。ちなみに僕が購入したモデルは『iPhone7 Plus/128GB』の普通のブラックです。『iPhone7 Plus届いたら、速攻で開封の儀やったろう!』と張り切っていましたが、もうそこらじゅうのサイトやブログでやっているし、今さら恥ずかしいのでやめとこうと思います(笑)

その変わりと言ってはなんですが、『iPhone7 Plus/128GB』は元々税抜96,800円と、僕のような庶民にはかなり高額な端末です。なので、月々のランニングコストを抑えるべく、今回はタイトルの通り、維持費月々480円で使うことにしました。そんなわけで、今回は『iPhone7 Plus』に格安SIMをぶち込んで月々480円で使う方法なんかをご紹介します。

※ もちろん、今回の方法は『iPhone7』でも使えますのでご安心ください。

※ 秀逸至極の神アプリをまとめてみました。iPhoneユーザーの方は必読ですぞ!

wepli-dot2.hatenablog.com

用意するもの!

用意するもの

『iPhone7 Plus』を格安SIMで運用するために必要なものは以下の通りです。

  • 『iPhone7 Plus』SIMフリーモデル(もちろんiPhone7でもOK!)
  • DMMモバイル』の格安SIM

以上

手順① SIMフリーモデルの『iPhone7 Plus』を買う

大手キャリアで購入した『iPhone7 Plus』もSIMロック解除はできるようですが、何かと面倒くさいので、これから『iPhone7 Plus』を買うって方は、『Apple Store』で購入しましょう。基本的にiPhoneを格安SIMで運用したいって場合は、『Apple Store』で購入するのが無難です。

iPhone7購入

手順② 『DMMモバイル』のnanoSIMを買う

元々僕は『IIJmio』っていう会社の格安SIMを使っていましたが、色々と調べたところ『DMMモバイル』の方が安くてコスパが良かったので、『DMMモバイル』に乗りかえることにしました。料金プランもシンプルで分かりやすいので、『格安SIMわからんわ~』って方は『DMMモバイル』でOKだと思います。

ちなみに、本当なら『DMMモバイル』と契約するのに、事務手数料として3,240円かかるようですが、Amazonでパッケージを買うと事務手数料支払わなくていいので、結果、初期費用が540円で済みます。大した金額じゃないかもしれませんが、僕のような節約好きの方は、Amazonから買うことをおすすめします(笑)

Amazon限定 DMMmobile データ通信専用 nanoSIM

ちょっと注意① SIMのサイズはnanoSIMです!

ただ、ここで注意したいのがSIMのサイズと種類です。『iPhone7 Plus』のSIMサイズは『nanoSIM』ですので、まずはSIMのサイズを間違えないようにしましょう。

simサイズ

ちょっと注意② SIMの種類は通話なしならデータSIMです!

そして、次にSIMの種類を間違えないようにしましょう。僕のようにガラケーとiPhoneの2台持ちで、『iPhoneで電話しないぜぇ~』って方は『データSIM』を、『普通に電話もするぜぇ~』って方は『音声通話対応SIM』を選んでください。なので、普通にiPhoneの1台持ちって人は『音声通話対応SIM』になると思います。

SIM種類

※ あとで詳しく解説しますが、通話もしたい場合のランニングコストは月々1,260円です。

手順③ 初期設定をする

無料会員登録

会員登録

『iPhone7 Plus』と『DMMモバイル』のSIMが届いたら早速初期設定をしましょう。まずは『DMMモバイル』の公式サイトから、無料会員登録を行う必要があります。PCでもスマホでも、どちらからでもいいので、公式サイトにアクセスして必要な情報を入力しましょう。会員登録自体は、手順にそって行えばとっても簡単ですので、説明は割愛しますね。念のため『DMMモバイル』公式サイトのURLをのせておきますので参考にしてください。

DMMモバイル公式

『iPhone7 Plus』にSIMを挿す

会員登録が終わったら、『iPhone7 Plus』にSIMを入れましょう。こんな感じでSIMトレーにSIMを挿入します。SIMピンは『iPhone7 Plus』の箱の中にあるので、よく探してみてくださいね。

SIM挿す iPhone7

『iPhone7 Plus』の初期設定をする

無事にSIMを挿したら、『iPhone7 Plus』の電源を入れましょう。あとはiPhoneの初期設定をしてから、APN設定を済ませて完了となります。『APN設定ってなんぞや?』って感じだと思いますが、Safariで『DMMモバイル』のURLにアクセスして、プロファイルっていうのをインストールするだけなので簡単です。

SIM挿し方

プロファイルを無事にインストールできたら、『iPhone7 Plus』を外に持ち出してもOKです。この作業をすれば、WiFi環境がなくても外でネットを楽しむことができます。

プロファイル

以上で『iPhone7 Plus』に格安SIMぶち込んで月々激安で使う方法は終わりです。とっても簡単でしょ?

おまけ 『DMMモバイル』の料金プランをサクッとご紹介!

現時点で、格安SIMの会社を色々と比較したところ、コストとパフォーマンスが最も優れていると僕が判断したのは『DMMモバイル』です。料金プランをのせておきますので、興味がある方は参考にしてみてください。

※ 2016年9月23日現在

ネットだけやりたいなら月々480円

今回、僕は『iPhone7 Plus』を月々480円で使うことにしたわけですが、これは通話がないプランです。僕のように『通話はガラケーでして、ネットはiPhoneでしてる!』って方は、このプランがおすすめです。なお下の画像の一番上にある、最安の『ライトプラン』ってのは、高速回線ではないので、外で普通にネットしたいならやめておいた方が無難なプランです。

料金プラン通話なし

通話もしたいなら月々1,260円

『iPhoneって電話なんだから、通話もネットももちろんするわ!カス』って方は、『通話+1GB』プランの1,260円のが一番おすすめです。基本使用料1,260円から30秒につき20円かかります。これは、大手キャリアも同じですので、格安SIMだから通話料金が高いということはありません。長電話しなければ全然OKです。

ちなみに、最安の『ライトプラン』なら、さらに安くなります。しかし、何度も言いますが、『ライトプラン』はネットが低速回線なので、外で普通にネットしたいならおすすめはしません。現実的に1GB以上のプランを選んだ方が良いでしょう。

料金プラン通話あり

さいごに

『iPhone7 Plus』に格安SIMぶち込んで月々480円で使う方法はいかがでしたか?僕は長いこと、色々な会社の格安SIMを使ってきましたが、電話がつながりにくいとか、ネットが遅いとかって感じたことは一度もありません。はっきり言って、大手キャリアと比べても全く遜色なく使うことができます。もし『わが家の携帯料金高すぎ!ぐはっ!』って思っている方は、ぜひ一度格安SIMを検討してみてはいかがでしょうか。

※ 『DMMモバイル』では料金のシュミレーションもできるので、気になる方はやってみてくださいね。

DMMモバイル

おわり