読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住んでいる地域を深く知りたいなら広報誌アプリがいいぜって話!

このエントリーをはてなブックマークに追加

広報誌アプリ

数ヶ月前に引っ越した敷島久之です。引っ越したばかりは、なかなかその土地のことって分からないものですよね。そんな時に地味に役立つのが、今回ご紹介する広報誌アプリの『i広報誌』です。リリースはだいぶ前ですが、まだまだ知らない方がいると思い、ピックアップさせていただきました。住んでいる地域を深く知りたい人におすすめの広報誌アプリですよ。

広報誌アプリ『i広報誌』とは!?

i広報誌

『i広報誌』とは、2014年にリリースされて以来、400以上の自治体で導入されている広報誌アプリで、『住むまちをもっと好きになるアプリ』をコンセプトにつくられました。住んでいる地域の役立つ行政情報や、イベント情報、子育て情報などを簡単に知ることができるとっても便利なアプリです。

『i広報誌』はこんな感じのアプリです!

僕は、この広報誌アプリを1年以上前から使っているので、これからダウンロードして初起動する方とは違う画面だと思います。おそらく、チュートリアルがあったと思います。

i広報誌

使い方はとっても簡単です。シンプルなデザインのアプリなので迷うことはないでしょう。やることと言えば、自分が住んでいる地域を選択するくらいです。設定を開いて『個人設定』をタップしてみましょう。

個人設定

そしたら『お住まいの地域』を選ぶだけです。やることはこれだけです。超簡単!

お住まいの地域

住んでいる地域の最新情報を知ることができる

『お住まいの地域』の設定は完了しましたか?あとは自動で『i広報誌』が住んでいる地域の最新情報を集めてくれます。

最新情報

行政機関の情報なので硬い内容の情報が多いですが、住んでいる人にとっては結構大切な情報が配信されます。例えば、補助金に関する情報や、求人に関する情報なども配信されるので便利です。

自治体によって違いますが、千代田区のように硬い情報ばかりではなく、ゆる~い感じの情報を提供している地域もあります。『i広報誌』アプリ内で自治体が発信している動画も見ることができます。

動画 広報

※ 地域によって動画を配信していない自治体もあります。

地域の広報誌を無料で購読できます

『i広報誌』の最大のメリットが、各自治体で発行されている広報誌を無料で購読できるという点です。さらにバックナンバーも読むことができるので、これから『i広報誌』使いますって方でもバッチリです。

広報誌 バックナンバー

さらに自分が住んでいる地域以外の広報誌を購読することも可能なので、将来移住を考えている地域や、長期滞在する地域の広報誌を事前に購読しておくってのもいいかもしれませんね。ちなみに購読の仕方は、下の画像の通り、右上のブックアイコンをタップして…..

ブックアイコン

地域を選んで…..

地域選ぶ

『読者になる』ボタンをタップするだけです。ちなみにはてなブログにも『読者になる』ボタンってのがあるので、当ブログが少しでも気に入っていただけたならポチッとしてくださいね(笑)

読者になる

広報誌って面白いぞ!

ここまで広報誌アプリ『i広報誌』について書かせていただきましたが、『そもそも広報誌って面白いのか?』という疑問を抱かれた方が結構いると思いますので補足しておきます。結論から言うと自治体によってマチマチです(笑)

中には新宿区の広報誌『広報しんじゅく』のように、ちょっとイケてる広報誌もあります。この時は『新宿クリエーターズ・フェスタ2016』の時期とかぶっていたからかもしれませんが、広報誌とは思えないクリエイティブな表紙です。

広報誌 新宿区

広報誌の内容もなかなか楽しかったです。『新宿クリエーターズ・フェスタ2016』行ってみてーっす(笑)

広報誌内容

てか、ミニマリストの方は自宅にある紙の広報誌捨てて『i広報誌』で広報誌を購読すればバッチリですね。

広報誌ミニマリスト

さいごに

住んでいる地域を深く知ることができる広報誌アプリ『i広報誌』はいかがでしたか?住んでいる地域で役立つ情報が満載ですので、ぜひインストしていただければと思います。あと『地元で公務員やりたい!』ってな方や、『地元で就職したいぜ』って方にもおすすめのアプリですので、ぜひ色々と役立ててくださいね。

※ 当ブログでは、広報誌アプリ以外にもたくさんの神アプリを厳選してまとめています↓

wepli-dot2.hatenablog.com

広報誌アプリ『i広報誌』のダウンロード

広報誌アプリ ダウンロード