リスト表示で情報収集が捗るw『Buncho for Twitter』は最高におすすめのiPhone向けリスト型ツイッターアプリだぜぇ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Buncho for Twitter

現在のTwitterの情報の早さは、テレビやウェブサイトとは比べものにならないほど、ほぼリアルタイムに情報を受け取ることができます。情報収集ツールとしては最高のツールなのですが、いかんせん情報量が多すぎて、逆に把握しきれない人も多いのではないでしょうか?そんな時に役立つのが、Twitterのリスト表示と言う機能です。ただし、公式のTwitterアプリのリスト表示ってなんだか使いづらいですよね(笑)

てなわけで本日は、リスト表示を極めたい人のためにTwitterのクライアントアプリ『Buncho for Twitter』をご紹介したいと思います。僕自身あまり期待せずに『Buncho for Twitter』を使い始めたのですが、これがなかなか使い勝手が良く、今では『Buncho for Twitter』をメインにTwitterでの情報収集をしています。残念ながらアンドロイド版は未リリースのようなので、iPhoneユーザーの方はぜひ使ってみてくださいね!

Twitter関連の記事をお探しなら、こちらの記事もおすすめです↓

wepli-dot2.hatenablog.com

『Buncho for Twitter』はこんな感じのTwitterアプリです

iPhoneで『Buncho for Twitter』を起動すると、Twitterアカウントとの連携画面が表示されるので、アカウントを選択して『連携』ボタンをタップしましょう。『Buncho for Twitter』の初期設定はこれだけで、すぐに使い始めることができます。

Buncho起動

これが『Buncho for Twitter』のホーム画面です。そしてホームの隣にずらっーと並んでいるのが、僕が過去にTwitterで作ったリストです。

ホーム画面

『同期ブロガー【2014年8月?10月】』やら『B-LINE』などの、ブログを始めて間もない頃に作成した懐かしいリストが並んでいますが、コミュ障の僕はほとんど彼らとは絡みがありませんでした。

コツコツと記事を書くこと約2年...。なんだかリストを眺めていたら、しみじみした気持ちになってきました。

マイリスト

話がだいぶそれてしまいましたが、『Buncho for Twitter』は、アプリを開いてすぐに各リスト表示されるので、Twitterのタイムラインがごちゃごちゃしている人には、かなり重宝するアプリだと思います。

ちなみに『Buncho for Twitter』には、リストを見やすくするいい感じのカスタマイズ機能が実装されています。

いらないリストは非表示に!

まずは設定からリストの表示と非表示の選択をすることができるので、お好みに合わせて設定してみて下さい。

リスト表示と非表示

下の画像はリストを1つだけ表示させた画面です。リストを非表示にするだけでもだいぶスッキリした印象になります。

1つリスト表示

新規リストももちろん作れる!

もちろん『Buncho for Twitter』からも、新規でリストを作成することが可能です。

新規リスト作成

試しに『ジョジョ』というリストを作成してみました。ここでは僕が大好きなジョジョの情報を発信してくれるアカウントのみを集めてみたいと思います。(※ リストへの追加自体は公式Twitterアプリからの方がスムーズかもです...)

ジョジョリスト

この通りジョジョリストを完成しました。これで『Buncho for Twitter』を開けば、速攻でジョジョの情報をゲットできるようになりました。

公式Twitterだとリストに行くまでに、数タップしなければなりませんが、『Buncho for Twitter』ならアプリを開いてワンタップでたどり着くことができます。

ワンタップでリストへ

ちなみに『Buncho for Twitter』には、さらにツイートを見やすくする機能が用意されています。

リツイートを非表示にするとスッキリ仰天!

『Buncho for Twitter』は初期設定のままだと、リツイートまで表示されてしまうので、かなり雑音が多い状態です。公式のTwitterアプリでもたくさんのアカウントを追加しているとリツイートだらけになってしまいますよね!?

リツイート表示される

しかし『Buncho for Twitter』の設定ボタンから『このタブでリツイートを表示』のチェックを外すことにより...

リツイートを非表示

リツイートを非表示にすることが可能になります。こうすれば、本当に欲しい情報だけを素早くチェックすることができるようになりますね!

情報をチェック

えっ!キーワードをリスト?

『Buncho for Twitter』のさらに良い点は、キーワードをそのままリスト化できる点です。キーワードのリスト化方法は、設定から『新しい検索タブを作成する』をタップして...

キーワードのリスト化

タブ名とキーワードを入力して保存をタップすればOKです!

タブ名とキーワード

このようにバッチリとキーワードをリスト化することができました。

キーワードをリストにする

ちなみにキーワードはAND検索も可能なようです。試しに『はてなブログ css』と入力してみましょう。

アンド検索もできる

するとバッチリとAND検索されていることがわかります。今回はこのようなキーワードで検索してみましたが、キーワードの組み合わせ次第では欲しい情報を簡単に、さらにリスト表示で見やすくゲットすることが可能になるわけです。凄いぞ"ぶんちょう(Buncho)"よ!

キーワードの組み合わせ

ちなみに設定から『アクションボタンを表示』をオンにすると、リツイートや"いいね"もアプリ内で行えるので便利ですぞ!

アクションボタンを表示

『Buncho for Twitter』のおすすめのポイント

  • リスト表示が最高に使いやすい
  • リツイートの非表示ができてスッキリ
  • 使い方次第では最強の情報収集ツールとなる

『Buncho for Twitter』のダウンロード

ダウンロード