【iPhone AR】3D空間に落書きできる『LightSpace』が面白い!最新技術を肌で感じたい人に試して欲しいアプリ

LightSpace

iOS11からiPhoneだけで手軽にARを楽しめるようになりました。本日は、そんなiPhone向けARアプリの中から、落書きアプリの『LightSpace』をご紹介したいと思います。この『LightSpace』があれば、iPhoneディスプレイをペン代わりにして、3D空間に簡単に落書きを描くことができちゃいますよ!

『LightSpace』はこんな感じの落書きARアプリです

『LightSpace』の使い方は実に簡単です。アプリを起動して、空間に思うがままに落書きするだけです。

f:id:SikisimaHisayuki:20171127094527j:plain:w350

こちらが『LightSpace』のホーム画面です。基本的にはペンと色を選んで落書きすればOK!

f:id:SikisimaHisayuki:20171127094438j:plain:w350

ペンは主にGlow、Flame、Sparkの3種類になります。 個人的にはSparkが一番好みです。

f:id:SikisimaHisayuki:20171127094423j:plain f:id:SikisimaHisayuki:20171127094431j:plain f:id:SikisimaHisayuki:20171127094419j:plain

『LightSpace』で落書きしてみた

フライングヒューマノイド

試しに外へ出て『LightSpace』で落書きをしてみました。『LightSpace』の醍醐味は色々な角度から眺めて見ることです。空間に落書きできると言う意味が、よく分かっていただけると思います。

怪獣

だいぶクオリティーは低いのですが、火を吹く怪獣を召喚させてみました。本当はゴジラのように絵にしたかったのですが、ペンのサイズ等が変更できないので、細かい絵は『LightSpace』では難しいようですね。ひたすら日を吹く怪獣です。落ちはありません...。

『LightSpace』公式でも落書きがシェアされていたので載せときます

Welcome to Mars !

最初、全く動画の意味が分かりませんでしたが、『Welcome to Mars !(火星へようこそ!)』で、ロケットで火星に到着するという落書きだと分かりました。『LightSpace』は子供と一緒に楽しめそうなアプリかもしれませんね。

チョウチョおじさんとアスタリスク

さすがに公式さんの落書きだけあって、クオリティーはなかなかのものです。特にガタイの良いおじさんをチョウチョに変身させる場面は、『スマホ画面がペンになる』という雰囲気が良く出ていると思います。その後のアスタリスクも『3D空間に描ける』というポイントが良く分かりますね。

マッキントッシュ発売から約33年...

1984年にマッキントッシュでが発売されてから約33年の歳月が経ちました。その当時は、パソコンのディスプレイ内でペイントすることが限界だったのが、今ではiPhoneを使って3D空間にペインティングできるようになったというテクノロジーの進化を感じさせてくれる動画です。何だか見てると感慨深い気持ちになってきますね。

さいごに

『LightSpace』はいかがでしたか?iPhoneのAR技術は、まだ始まったばかりなので、落書きのクオリティーにも限界がありますが、今後はもっと本格的な落書きができるようになると思います。実際に『LightSpace』を使ってみて分かったのですが、カメラの画質が悪いので、外より室内の方が上手くペイントできると思います。お子さんがいる方や、最新のテクノロジーを肌で感じてみたいという方は、ぜひ試してみて下さいね!

『LightSpace』のダウンロード

20171127105128