【タイプ別】おすすめの格安SIMを徹底解説!あなたにピッタリのSIMを必ず見つけます

まさか大手キャリアスマホで、まだ大切なお金を浪費しているのですか?管理人は、長年に渡り格安SIMで複数台のスマホを運用してきましたが、格安SIM業界同士の苛烈なサービス競争で既にキャリアスマホを使うメリットはゼロだと思っています。しっかりと自分に合った格安SIMを選べば、満足度は変わらず劇的に月々の通信料金を抑えることが可能です。

今回は、そんな激戦格安SIM市場の中から選りすぐりのものをタイプ別に徹底解説したいと思っています。必ずやアナタにドンピシャの格安SIMを見つけてみせますので、ちょっと長い記事になりますが、ぜひ最後まで読んで頂ければと思っています。

忙しい人のために結論から書くと...

タイプ別の格安SIMはこうなりました。詳しい理由は後ほど解説します。

総合力+人気No.1の格安SIM

mineo(マイネオ)

mineo

mineo

ネット界隈を中心に人気の格安SIMと言えば、まず最初に思い浮かぶのがmineoです。mineoの魅力は何と言っても、その総合力の高さです。回線はほぼ全ての時間帯で4Mbpsを超えており、12時や18時の混雑時でも問題なく使うことができます。価格設定は他社と比べて「並み」程度ですが、通話プランが3種類と豊富でキャリアスマホ感覚で使いこなすことができます。

POINT

選べる3つの通話定額プラン!!

mineoには次の3つの定額プランが用意されています。

  1. 通話定額30 = 月840円
  2. 通話定額60 = 月1680円
  3. 10分かけ放題 = 月850円

「通話定額30/60」は月々30分又は60分なら定額料金で済むプランで、「10分かけ放題」は月額850円で1回10分以内なら何度でも定額のプランです。長電話をしない人なら「10分かけ放題」プランが最もおすすめで、かなりコスパが良いプランでしょう。

CHECK

価格は他社の並み程度だが...

他の格安SIM業者と比べるとmineoの価格は平均くらいです。ちなみに、現在の格安SIM業界は値段的にはほぼ横並びなので、決めては「いかに自分に合う格安SIMを探すか!」です。そう言った意味でmineoは価格以上にコスパが優れていると思います。

「マイネオ王」というスマホやプランに関する疑問点を気軽に相談できる掲示板も用意されていて、他の格安SIM業者と比べてもユーザーサポートにかなり力を入れている印象です。そう言った意味でも初心者にはベストな格安SIMでしょう。

価格グラフ
価格はどの業者も横並び状態

mineoのいち推しポイント!!
  • 音声&データともに回線が安定している
  • 全体的に満足度とコスパが高い
  • 実店舗がありサポートが充実している
mineoはこんな人におすすめしたい格安SIMです
ざっくりオススメすると...

色々と調べるの面倒くさいから、とにかくオススメの格安SIMを1つ教えてくれ!という方には迷わずmineoをオススメします。

詳しく言うとこんな人にオススメ!
  • 格安でSIMフリースマホを使いたい
  • ドコモやauから乗り換えたい
  • 長電話はあまりしない

家族で入ればコスパ最強!格安SIMのパイオニア

IIJmio

IIJmio

IIJmio

IIJmioは格安SIMの先駆けだけあってサービス内容はかなり充実しています。量販店にも多く出店しており、サポートもしっかりしている印象です。最近では家族向けのプランが他社より充実しており、離れて暮らす家族も含めて「ファミリーシェアプラン(音声SIMは5枚まで)」が使えるので、まとめてIIJmioにするとかなりお得です。「ファミリーシェアプラン」では、音声SIMだけでなくデータSIMも使えるのでiPadやタブレットをまとめるのも賢い使い方でしょう。

POINT

家族で使えば超お得!家族4人で総額約6000円はヤバイw

IIJmioの「ファミリーシェアプラン」なら家族間でデータをシェアできるので1台あたりのコスパをかなり抑えることができます。例えば家族4人で「ファミリーシェアプラン」に入った場合、一人あたり3GBのデータ容量を使えて月々のスマホ料金を6000円前後にすることも可能です。キャリアスマホ1台分より安い驚きの価格です。(※ 2018年4月1日より値段はそのままで12GB大幅増量された)

上記画像は月額料2,560円で計算(通常は月額3,260円)

お得なのはデータ容量だけでなく、家族間通話のプランも充実しています。他社の「かけ放題」プランは"誰とでも○○分かけ放題"というのが多いのですが、IIJmioはそれにプラスして家族の定額通話分も付いているのでメリットが大きいと言えるでしょう。

  1. 「誰とでも3分&家族と10分」かけ放題プラン = 月額600円
  2. 「誰とでも10分&家族と30分」かけ放題プラン = 月額830円

たったの月額830円の「かけ放題」プランを追加するだけで、10分以内であれば何度でも誰とでも通話し放題になり、さらに家族間では30分以内であれば何度でも通話し放題になります。マジで大手キャリアさんもビックリなプランです!

CHECK

家族なら最強!単独なら他の格安SIMを検討すべし

IIJmioは格安SIMの中でも古株でパイオニア的存在の業者です。サービスインしたばかりは格安SIMユーザーを独占していましたが、様々は業者が格安SIM界隈に参入してきて、競争が激化してきています。一昔前までは「とりあえずIIJmioでOK!」という感じでしたが、やはりユーザーによっては別の業者の方がお得になる場合があります。個人的には家族まとめてならIIJmio、単独お一人様なら他の格安SIMがベターだと判断しています。

「ファミリーシェアプラン」は本当にお得なので家族で契約するならグッドチョイス!ですが、1人の単独契約なら個人的には他の格安SIMを推します。とは言え、回線も安定しており格安SIMの中でも満足度が高いサービスなので、総合的に見てもコスパは高いでしょう。事実、管理人も長く使っている格安SIMですが、特に目立った不満はありませんでした。

IIJmioのいち推しポイント!!
  • やっぱりファミリーシェアプランが断然お得
  • 家族間の通話し放題も大きなメリット
  • 格安SIMの老舗だけあって安定したサービス
IIJmioはこんな人におすすめしたい格安SIMです
ざっくりオススメすると...

家族全体のスマホ代金をまとめて安くしたいなら現時点で最強なのがIIJmioです。

詳しく言うとこんな人にオススメ!
  • 家族のスマホ代(大手キャリア)を全額支払っているお父さん
  • スマホ代が激高いドコモやauから家族で乗り換えたい人
  • 長電話はほとんど家族のみという方

価格は最安値クラス!とにかく維持費を安くしたいなら

DMMモバイル

DMMモバイル

小容量プランが最安値なので、あまりスマホを外で使わない人におすすめなのがDMMモバイルです。またサブ機やiPad、タブレットの維持にもおすすめで、そんな管理人も自前のiPadにDMMモバイルのデータ専用SIMを入れて月々480円で運用している一人です。自宅ではiPadで雑誌を読んだり動画をみたりしていますが、外ではカーナビなどとして使っています。その程度の使い方なら1GBで十分快適に使いこなせています。

wepli-dot2.hatenablog.com

POINT

価格は常に業界最安値クラスを維持!

実店舗や目立った広告がない分、DMMモバイルの価格は常に最安値付近を維持しています。価格競争が激しい格安SIM界隈ですが、他の業者が最安値を切ってくればDMMモバイルもそれに合わせて価格を安くしてるので、プランにもよりますが、結果DMMモバイルが最安値であることが多い印象です。

シングルコース1GBの音声通話機能付きSIMが月額1260円で、データ通信のみが480円と、いずれも最安値クラスの値段でスマホを維持することができます。

CHECK

データ追加料金も100MBあたり48円は破格!

さらにデータ追加料金もmineoについで安く、1GBから3GBの小容量プランを選んだとしてもデータの追加が割安なので低速回線に恐れることはありません。

データ追加料金の比較
格安SIM業者 容量 価格
mineo 100MB 150円
DMMモバイル 100MB 200円
楽天モバイル 100MB 300円
BIGLOBEモバイル 100MB 300円
DMMモバイル(繰り越しなし) 1000MB(1GB) 480円

極めつけは1000MB(1GB)/480円でのチャージができ、チャージした月の末日で追加分は消滅して繰り越せないものの、100MBあたり48円でデータをチャージすることができます。こちらも他の業者を寄せ付けない破格の値段設定です。

DMMモバイルのいち推しポイント!!
  • 小容量のデータプランが業界最安値
  • 追加チャージも業界最安値
  • iPadやタブレットの維持に最強のSIM
DMMモバイルはこんな人におすすめしたい格安SIMです
ざっくりオススメすると...

自宅にWi-Fi環境があり、外で頻繁に通話やゲーム等をしない人にオススメ!「安さ=正義」の家計に優しい最安値SIM

詳しく言うとこんな人にオススメ!
  • とにかく月々のスマホ代を安くしたい方
  • 2台持ちでサブ機を安く維持したい人
  • 自宅メインのiPadやタブレットをたまには外で使いたい方

格安SIMで唯一の完全かけ放題!

Y!mobile

20180707165140

Y!mobile

「仕事で頻繁に通話するので完全かけ放題でないと...」という理由から泣く泣く大手キャリアを使っている人も多いと思いますが、Y!mobileなら「スーパーだれとでも定額」という完全かけ放題のプランが用意されています。実店舗も全国に展開しているので、いざという時のサポートも充実しています。他の格安SIMより料金設定がやや高めなので、大手キャリアと格安SIMの中間的位置付けと考えればしっくりとくるでしょう。

POINT

約1000円追加で完全かけ放題は激アツ!

Y!mobileの1番の強みは完全かけ放題プランの「スーパーだれとでも定額」があることです。誰とでも10分かけ放題になる「だれとでも10分かけ放題」が基本プランに含まれているので、ここに約1000円をプラスすることで完全に通話をかけ放題にすることができます。「スーパーだれとでも定額」なら、他社のスマホや携帯電話はもちろん、国内の固定電話が対象なので大手キャリアの完全かけ放題プランと同じ感覚で格安SIMを使うことができます。

スーパーだれとでも定額

Y!mobileの主な料金プランは次の3つ!最もリーズナブルな「スマホプランS」がデータ通信量2GBで月額1980円です。ここに「スーパーだれとでも定額」を付ければ月額2980円で完全かけ放題にすることができます。他の格安SIMに比べると割高な料金設定ですが、他社には完全かけ放題がない以上、通話が多いユーザーにはY!mobileが唯一の選択となるでしょう。

1年目の月額料金とデータ通信量

料金プラン 容量 月額
スマホプランS 2GB 1980円
スマホプランM 6GB 2980円
スマホプランL 14GB 4980円

(※ 2年目と3年目で料金と容量が変化します。詳しくは下記の通りです)

ただし、Y!mobileにはメリットばかりでなくデメリットもあります。格安SIMは全体的に「縛りが甘い」という良さがあるのですが、Y!mobileには通用しません。Y!mobileには2年の最低利用期間が設定されており、2年目から基本料金が1000円アップしてしまいます。さらに上記プランの容量も2年間のみで、3年目以降はスマホプランSが1GBに、スマホプランMが3GBに、スマホプランLが7GBになってしまいます。これには注意が必要です。

CHECK

どうせなら端末とセットがお得かも?

Y!mobileは前述した通り、大手キャリアと格安SIMの中間的位置付けなので端末が豊富にそろっています。さらに大手キャリアのように縛りがある代わりに端末の割引もあるので、乗り換えのタイミングで端末も購入すればお得に新しいスマホをゲットすることができるかもしれません。

20180707161955

現在は終了してしまいましたが、過去には人気のiPhone端末(iPhone SE)が実質13,500円で購入できる超お得な料金設定もありました。自分が欲しい端末と大幅割引のタイミングが重なれば、かなり満足度が高い乗り換えとなるでしょう。Y!mobileでは何かしらの端末が大きく割引きされていることが多いので、Y!mobileを狙っている方はマメにサイトでチェックすることをおすすめします。

Y!mobileのいち推しポイント!!
  • 格安SIMの完全かけ放題ならワイモバ一択
  • 実店舗もあるのでアフターサービスも充実
  • 狙いの端末があればお得感もさらにアップ
Y!mobileはこんな人におすすめしたい格安SIMです
ざっくりオススメすると...

仕事柄「完全かけ放題」がないと話にならない!という通話重視の方には迷わずY!mobileをオススメします。

詳しく言うとこんな人にオススメ!
  • 通話が多いけど料金を安くしたい
  • 大手キャリアと格安SIMのいいとこ取りをしたい
  • もしもの時は実際のお店で相談したい

LINEがメインの連絡手段なら選ぶ価値高し!

LINEモバイル

LINEモバイル

LINEモバイル

LINEモバイルはLINEアプリのヘビーユーザーを中心に人気が高い格安SIMで、全プラン標準でLINEのカウントフリーが用意されています。グレードを上げればLINEの他にも、TwitterやFacebookやInstagramでもカウントフリーが使えるのでSNSを中心にスマホを使っている人にも魅力溢れる格安SIMです。

wepli-dot2.hatenablog.com

POINT

LINE使いたい放題で月額500円はガチで魅力的!

LINEモバイルの一番のメリットと言えば、やはりLINEがカウントフリーになること!カウントフリーとはデータ容量を消費せずにアプリが使いたい放題になる機能で、LINEモバイルでは全プランでLINEがカウントフリーになります。つまり例えデータ容量の使い過ぎで低速回線のペナルティを食らっていたとしてもLINEは高速で使うことができます。もちろん音声通話だけでなく、ビデオ通話もメッセージも外でガンガンと使うことが可能です。

20180312223028

一番安いのがデータのみの月額500円のプランなので、月額500円さえ支払えばLINEが使いたい放題でスマホを維持することができます。とは言え、ここに音声通話を付けたり、かけ放題を付けたりすると他社よりもお得感が薄れてしまうので、やはりLINEモバイルを一番活かせるのは、LINEのヘビーユーザーで「連絡はもっぱらLINEのみ」という人に限られそうです。

CHECK

複数のLINEアカウントを持ちたいなら一択!

通常の格安SIMではLINEの年齢認証ができないのですが、LINEモバイルならどのプランでも年齢認証可能です。現在LINEはスマホユーザーのほとんどが多用しているサービスなので、中にはプライベート用と仕事用のLINEアカウントを持ちたいという人も多いのではないでしょうか?とかく管理人もその1人で、SNS等のつながりで知り合った人とはLINEのサブアカウントでやり取りするようにしています。この場合は最安値の月額500円プランで十分です。

LINEモバイルのいち推しポイント!!
  • LINEのカウントフリーはやはり魅力的
  • サブスマホの維持には間違いなくコスパ最強
  • 格安SIMで年齢認証ができるのはここだけ
LINEモバイルはこんな人におすすめしたい格安SIMです
ざっくりオススメすると...

ワンコインでスマホを維持しつつ、LINEという強力な連絡手段を確保できるのはLINEモバイルのみ!

詳しく言うとこんな人にオススメ!
  • LINE通話と回線通話の違いを理解している玄人さん
  • LINEアカウントを複数所持したい人
  • 連絡はもっぱらLINEのみでOKという方

25GBが月額2380円は超激安!

U-mobile

U-mobile

U-mobileはあくまで玄人向けの格安SIMです。「スマホのデータ通信量って何?」という方にはハッキリ言っておすすめできません。逆に自分でデータ通信量の管理ができて、かつスマホで重い作業をするヘビーユーザーさんには打って付けのSIMで、中でも「U-mobile MAX」プランは、25GBの大容量+音声通話付きで月額が驚異の2380円と他を寄せ付けないコスパを誇ります。キャリアスマホで度々データ容量を追加購入している人は、「U-mobile MAX」プランを検討すべきでしょう。

POINT

ヘビーユーザーにはコスパ良しのおすすめ格安SIM!

「U-mobile MAX」プランは、2000円代で25GBはまさに破格の値段設定でヘビーユーザーを意識したプランです。大容量プランは一人暮らしでアパートにWi-Fi環境がない人などに打って付けで、他社と比較しても圧倒的なコストパフォーマンスの高さを発揮しています。

データ容量25GB+音声通話付きで2380円で、ここに月額500円の「3分かけ放題」オプションを付けたとしても月額3,380円はかなりお得です。ちなみに他社の大容量プランは以下の通りです。

大容量プラン他社との比較

※ データ専用プランで比較しています

格安SIM業者 容量 価格
U-mobile 25GB 2380円
IIJmio 20GB 3100円
DMMモバイル 20GB 3980円
mineo(Dプラン) 20GB 4680円
楽天モバイル 20GB 4750円

まさにダントツの安さ!!

1GBあたりの比較

やはり大容量プランの「U-mobile MAX(25GB)」は他社の同レベル以上のプランと比較しても群を抜く安さです。スマホヘビーユーザーなら大いに検討の余地ありの格安SIMです。1GBあたり95円は驚くべき数字!

格安SIM業者 1GBあたり
U-mobile 95円
IIJmio 155円
DMMモバイル 199円
mineo(Dプラン) 234円
楽天モバイル 238円

CHECK

ただし欠点は追加チャージができないこと

データ容量25GB+音声通話付きで2380円は間違いなく他を圧倒していますが、若干注意が必要なのが追加チャージです。この大容量プランの「U-mobile MAX(25GB)」には追加チャージがないので、仮に月途中で25GB使い切ってしまった場合は、残りの日数を200kbpsで乗り切らないといけません。これはかなり厳しいのでマメにデータ使用量のチェックが必要となります。ただ、全国8万箇所以上のWi-Fiスポットを無料で使える「U-NEXT Wi-Fi」も付いてくるので、25GBを使い切るのはかなり大変だと思います。

U-mobileのいち推しポイント!!
  • 大容量のデータ通信にはマジでおすすめ
  • 1GBあたりのデータ通信料も業界最安値
  • U-NEXT(定額動画サービス)のポイントが毎月もらえる
U-mobileはこんな人におすすめしたい格安SIMです
ざっくりオススメすると...

とにかくゲームや動画も我慢せずにガンガンと楽しみたいけど、大手キャリアよりも月々の料金を安くしたいという人はU-mobile!

詳しく言うとこんな人にオススメ!
  • 自宅にWi-Fi環境がない人
  • 毎月のデータ通信料金が高額な方
  • 大手キャリアで何度も追加データに課金している方

動画のカウントフリーはまさに驚愕!

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルの強みは、そのカウントフリーの豊富さです。データ通信量をくう動画サービスや音楽サービスがカウントフリーになるので、Wi-Fi環境がない外でもYouTubeやミュージックを存分に楽しむことができちゃいます。他社にはないカウントフリーがラインナップされているので、BIGLOBEモバイルを選択するなら月額480円のエンタメフリーはぜひ選んでおきたい良プランです。

wepli-dot2.hatenablog.com

POINT

あの動画アプリが使い放題ってマジで凄い!

BIGLOBEモバイルの最大の売りは大人気の動画サービスや音楽サービスが月額480円でカウントフリー、つまり使い放題になることです。カウントフリーの対象サービスは次の通りで、どれもスマホで使用頻度が高い人気のサービスばかりです。

20180313171341

カウントフリー対象サービス(月額480円)
  • YouTube
  • YouTube Kids
  • AbemaTV
  • U-NEXT
  • Google Play Music
  • Apple Music
  • Amazon Music
  • Spotify
  • AWA
  • radiko.jp

※ カウントフリー対象サービスは今後も追加予定とのこと。

CHECK

契約するならキャンペーンの時に!

BIGLOBEモバイルのカウントフリー(エンタメフリー)を使うためには、最低でも3GB以上のプランを選択する必要があります。音声通話SIM3ギガプランが月額1600円なので、月額480円のエンタメフリーを付けると月額2080円になります。音楽通話付きでYouTube等が見放題なら、この値段はかなり魅力的ではないでしょうか。さらにBIGLOBEモバイルは頻繁にキャンペーンをやっているので、1年間月額約900円引きになったりします。どうせ契約するならキャンペーンの期間を狙って契約することをオススメします。

BIGLOBEモバイルのいち推しポイント!!
  • 家族のシェアプランもお得
  • 6GBプラン以上なら公衆無線LANも使用可能
  • 10分かけ放題プラン等も選べる
BIGLOBEモバイルはこんな人におすすめしたい格安SIMです
ざっくりオススメすると...

YouTubeやミュージックを存分に楽しみたいなら、むしろ大手キャリアよりもサービスの質が高くてオススメ!

詳しく言うとこんな人にオススメ!
  • 外出先でも動画や音楽を思いっきり楽しみたい方
  • エンタメ系を楽しみつつ格安SIMにしたい人
  • 小容量でも大容量でもなく中間のプランをお得に契約したい方

格安SIMのあれこれ!

格安SIMあれこれ その1

選べる格安SIMは端末によって違うので注意

格安SIMにはお主にドコモ回線SIMとau回線SIMがあります。基本的にドコモで買ったスマホはドコモ回線SIMが使えて、auで買ったスマホはau回線SIMが使えます。ちなみに携帯ショップではなくネットなどで購入したSIMフリースマホならドコモ回線SIMでもau回線SIMでも使用可能です。

  • ドコモで買ったスマホ = ドコモ回線SIM
  • auで買ったスマホ = au回線SIM
  • SIMフリースマホ = オールマイティー
ソフトバンクで買ったスマホ = 状況により違う

2015年5月以降に購入したスマホで、かつ101日以上経過しているならSIMロックを解除して「ドコモ回線SIM」又は「au回線SIM」を使うことになります。

ドコモ回線SIM 取り扱い業者
  • IIJmio
  • mineo
  • 楽天モバイル
  • LINEモバイル
  • BIGLOBEモバイル
  • OCNモバイルONE
  • DMMモバイル
  • イオンモバイル
  • FREETEL
  • NifMO
  • U-mobile など
auで買ったスマホ = au回線SIM
  • IIJmio
  • mineo
  • UQ mobile

格安SIMあれこれ その2

SIMの大きさは3種類

スマホのSIMは大きさにより3種類に分かれます。スマホによって端末の中に入っているSIMが違うので、契約前にしっかりと確認しておきましょう。比較的新しい端末はiPhoneもAndroidもほとんどnanoSIMです。Android端末は種類が多いので機種ごとに確認して下さい。

iPhoneとiPadの場合
NanoSIM 対応端末
iPhone iPad
iPhone X iPad(第5世代)
iPhone 8 iPad Pro
iPhone 8 Plus iPad Air 以降
iPhone 7 iPad mini 以降
iPhone 7 Plus
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone SE
iPhone 5s
iPhone 5c
iPhone 5
microSIM 対応端末
iPhone iPad
iPhone 4s iPad(第4世代)
iPhone 4 iPad(第3世代)
iPad 2
初代 iPad
標準SIM 対応端末
iPhone 3GS
iPhone 3G
初代 iPhone

さいごに

「格安SIM おすすめ」などのキーワードでGoogle検索すると「おすすめ格安SIMランキング」のような記事がたくさんヒットしますが、格安SIMでランキングはあまり意味がないと個人的には思っています。スマホの使い方は人それぞれなので、やはり格安SIMもその人それぞれにベストなものが違ってきます。この記事がみなさん格安SIMライフの一助となりますように、wepli.2では今後もアプリ情報と合わせて格安SIM動向を随時研究していきたいと思います。ぜひ時間がある時に、また遊びに来て頂ければと思います。

僕の格安SIMの旅はまだまだ続く

To Be Continued...