Bluetoothキーボード『TK-DCP03BK』をレビュー!Androidに抜群におすすめのガジェットだったw

このエントリーをはてなブックマークに追加

Bluetoothキーボード おすすめ

ようやく我が家に、待ちに待ったBluetoothキーボード『TK-DCP03BK』が到着しました。先日お約束した通り、早速エレコム『TK-DCP03BK』を使ってみた感想をレビューさせていただきたいと思います。あくまでも到着してから2日間使ってみた感想ですので、長期的な使用感を記事にしたわけではありませんので、予めご了承下さい。ただ、ファーストタッチの満足感はかなりいい感じでした!

前回の記事はこちら↓

wepli-dot2.hatenablog.com

Check!! 当ブログでは、おすすめガジェットの他にも、ライフスタイルを充実させる良アプリを多数ご紹介しています。この記事を読み終えたら、ぜひ下の記事ものぞいて見てくださいね↓

wepli-dot2.hatenablog.com

wepli-dot2.hatenablog.com

エレコム『TK-DCP03BK』開封の儀

ジャジャーン!

それでは、さっそく『TK-DCP03BK』のレビューをさせていただきたいと思います。早速開封してみましょう!

TK-DCP03BK 開封

中身はこんな感じです!

Bluetoothキーボードの他に、3段階の厚みの端末に対応できるアジャスター、端末と直接接続するためのUSBケーブル、乾電池1本と説明書が入っています。

TK-DCP03BK 中身

『TK-DCP03BK』と端末をいろいろと配置してみた

ワクワクが止まらないので、すぐさま『TK-DCP03BK』に色々な端末をセットしてみました。下記は『iPad mini 4』を『TK-DCP03BK』にセットした絵面です。こう見るとなんだかノートパソコンのようで迫力がありますね(笑)

TK-DCP03BK iPad

※ ちなみに僕が愛用しているiPadはこちらです↓

wepli-dot2.hatenablog.com

続いてスマホを装着した絵面です。左がAndroid端末で、右が『iPhone7 plus(カバー付き)』です。

TK-DCP03BK iPhone Android

そして、スマホとPCを配置した絵面です。左が『Windows タブレットPC(Surface Pro2)』で、中央がAndroidスマホ、右が『iPad mini 4』です。『TK-DCP03BK』は、様々な厚みの端末に対応できるので、実に心強いBluetoothキーボードです。これをスイッチひとつで簡単に切り替えられるのだから、ガジェット好きにはたまらない一品ですね。

TK-DCP03BK PC等配置

Bluetooth接続してみた感想

肝心のBluetooth接続ですが、くっそ簡単に出来ました。説明書に色々と書いてありましたが、スイッチ選んでBTをONにして、端末で『TK-DCP03BK』を選べば完了です。下の画像を見てもらえればわかる通り、まずどの端末をチャンネルに割り振るか『123』からを選びます。そして、スイッチをOFFをBTに変更して、端末のBluetoothをONにすれば接続できました。

TK-DCP03BK Bluetooth接続

一度、ペアリングしてしまえば、あとは『123』のスイッチをスライドさせるだけで端末を切り替えることができます。僕の場合は、スイッチ1をiPhoneに、スイッチ2をAndroidに、スイッチ3をiPadにしました。

『TK-DCP03BK』をいろんな端末と接続してみた感想

Android端末で試す

正直めっちゃ使えますw

Fn+F11を押せば、簡単にアプリ画面からホームに切り替わりますし、

TK-DCP03BK ショートカットキー ホーム画面

長押しすれば、直近で使ったアプリを一覧で表示させて切り替えることが可能です。

TK-DCP03BK アプリ切り替え

しかも、PrintScreenを押せば1タッチでアンドロイドの画面をスクリーンショットすることができます。

TK-DCP03BK スクリーンショット ショートカットキー

『TK-DCP03BK』の最大の武器である高機能トラックボールも正常に動作するので、ほぼ、スマホ画面にタッチすることなくモブログぐらいなら、このBluetoothキーボードだけで完結できるでしょう。

TK-DCP03BK トラックボール

Android端末なら、こんなふうにトラックボールを使ったマウス操作も可能です。

TK-DCP03BK マウス操作

何より素晴らしいのが、Google音声入力とキーボードを併用して使えるので、声を出せる環境なら爆速で文章を打つことが可能となるのです。(※ Google音声入力の場合自動で半角スペースが入りますので、一括置き換えなどの作業が必要です)

正直、Android端末 +『TK-DCP03BK』はライターにとって最強のガジェットと言えるのではないでしょうか

iPhoneで試す

Android端末とは打って変わって、iPhoneでの使い勝手はちょっと微妙です(笑)

『TK-DCP03BK』が、到着するまで知らなかったのですが、そもそもiPhoneやiPadって基本マウスが使えないと初めて知りました。つまり、『TK-DCP03BK』の持ち味である高機能トラックボールは使えません。

さらに、ただ単にキーボードで文章を打つ分には問題ないですが、iPhoneの場合はBluetoothキーボードを接続していると、音声入力もできないようなので、音声+キーボードの爆速入力もできません。これもios側での仕様なので仕方がないことですが、iPhoneメインで使うなら『TK-DCP03BK』以外のBluetoothキーボードの方が、コスパが良いかもしれません。

ちなみにスクリーンショットは、Fn+F7で簡単に撮影できますので、この辺は安心しました。

iPadで試す

そして『TK-DCP03BK』とiPadとの相性ですが、高機能トラックボールを使えないということ以外は、とても快適に使えます。

Cmd+Hを押せば、ホーム画面に簡単に戻れますし、

TK-DCP03BK ホーム画面

Cmd+Tabでアプリの切り替えもできちゃいます。

TK-DCP03BK アプリの切り替え

さらにFn+F8でキーボードの出し入れ(画面上の)が出来るので、音泉入力とキーボード入力の爆速ライティングもiPadなら可能です。(※ 個人的にはiPhoneの方が音声入力の精度や機能が高いと思います。正直悩ましいところです…)

iPadの大きな画面でトラックボールによるマウス操作ができれば完璧なのですが…(笑)

さいごに

まだ到着して2日しか経っていませんが、『TK-DCP03BK』は僕のお気に入りのガジェットになりそうです。説明書が薄くて、ショートカットキーとかを、いちいちググって調べなきゃいけないのが手間ですが、キーボードの作りもしっかりしているのでストレスなく文字を打つことができます。

ちなみに『TK-DCP03BK』のレビューの結論はこんな感じです。もし興味がある方は、Amazonや公式サイトを覗いてみてくださいね。

結論

『TK-DCP03BK』は...

Android端末との相性は抜群!
iPadとの相性は良い!
iPhoneとの相性はいまいち!

※ 本レビューはあくまでも個人の感想です。機能等の検証を全て行ったわけではないでの詳しくはエレコムの公式サイトで確認してください。

記事を書いた人