読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Google検索テクニックの備忘録!いまさらだけど『まとめ』てみました

このエントリーをはてなブックマークに追加

Google検索

前回の記事で、情報収集するなら『Google検索しかないな』と改めて思ったわけですが、あれから私はGoogle検索のおさらいを始めることにしました。


WEBとアプリのキュレーションサイト『Service Safari』のキュレーターになりました - wepli.2

これは、難しい言葉で言うとGoogle検索に演算子などを使用した方法のことです。演算子とか言うと頭が痛くなりそうなので、『Google検索テクニック』とでも呼んでおきましょう。このGoogle検索の方法ですが、あまり使う機会がないので、どこかに書きとめておかないとすぐに忘れてしまいます。

そのため今回はGoogle検索の様々な基本テクニックを備忘録としてまとめておきたいと思います。お馴染みの、AND検索やOR検索から、ちょっとマイナーなキャッシュ検索やサイト内検索まで、まとめてみましたので参考にしてください。

Google検索の基本

  • 記号や英語は全て『半角』にする
  • スペースも『半角』にする

完全一致検索

Google検索 完全一致

完全一致検索は、ダブルクォーテーション("")でキーワードを囲います。ダブルクォーテーション内のキーワードを順番どおりに含むページだけが表示されます。検索するキーワードが明確な時に使うといいと思います。

AND検索

A かつ B

Google検索 AND検索

AとBのキーワードが含まれたページを検索することができます。キーワードの順番は関係なく検索結果に表示されます。ANDの代わりに『半角スペース』を入れてもいいですが、検索数が微妙に異なります。これは、誰もが使っている最も多い方法ですね。

※ ANDは半角大文字で入力してください。

OR検索

A または B

Google検索 OR検索

AかBのどちらかが、含まれたキーワードを検索結果に表示します。

※ ORは半角大文字で入力してください。

除外検索

A を含めて Bは除外する

Google検索 除外検索

キーワードやサイトのURLの前に、ダッシュ記号(-)をつけると、そのキーワードを含む検索結果を除外します。除外検索は、(-)の前に、半角スペースを入れる必要があります。

※ 例
1. アプリ -アンドロイド
2. Google検索 -site:hatenablog.com

結合検索

Google検索 結合検索

ダッシュ記号(-)でキーワードをつなげると、Googleは、それらのキーワード同士に強い結びつきがあると判断して検索結果を表示します。

※ 例
・ Google-検索-テクニック-演算子

ワイルドカード検索

キーワードの一部がわからない場合

Google検索 ワイルドカード

調べたいキーワードが曖昧で正確にわからない場合があります。そんな時は、アスタリスク(*)を使います。例えば、Googleというスペルが曖昧の場合「Goo*検索」のように調べると、分からないキーワードを表示してくれます。

サイト内検索

site:

Google検索 サイト内検索

特定のサイト内において、任意のキーワードを探すことができます。例えば、はてなブログ(hatenablog.com)のサイト内から『瞑想』に関する記事を探したい場合には、次の例の通り、『瞑想』と『site:hatenablog.com』の間に、半角スペースを入れて検索します。

※ 例
瞑想 site:hatenablog.com

類似サイト検索

related:

Google検索 関連サイト検索

似たようなサイトを探したい場合に便利な検索方法です。例で示したように検索することで関連サイトが表示されます。

※ 例
related:URL

キャッシュ検索

cache:

Google検索 キャッシュ検索

Googleがサイトを最後に巡回した内容が表示されます。見たいサイトが閲覧できない時に、このGoogle検索を試してみてください。

※ 例
cache:URL

ファイル検索

filetype:

Google検索 ファイル検索

ファイルの拡張子を指定して検索することができます。例のように検索すると、ドラえもんのPNG形式の画像が検索されます。その他にも様々な拡張子を検索できます。jpg,zip,pdf,docなどなど。

※ 例
ドラえもん filetype:png

タイトル検索

intitle:

Google検索 タイトル検索

タイトルにキーワードを含むページを検索したい時に使います。

※ 例
intitle:Google検索

本文検索

intext:

Google検索 テキスト検索

本文にキーワードを含むページを検索して表示します。

※ 例
intext:Google検索

ANDやORなどの組み合わせ検索

Google検索 組み合わせる

AND検索やOR検索、除外検索などを組み合わせて、よりGoogle検索の精度を上げることができます。例のように検索すると、東京都でのWEBデザイナーの正社員の求人や転職の情報を検索できる確率があがります。

※ 例
東京都 webデザイナー (転職 OR 求人) -アルバイト -パート

ブログ検索

Googleブログ検索


https://www.google.co.jp/webhp?tbm=blg

URLからGoogleブログ検索にアクセスすることができます。アメブロを探したり、はてなブログを探したりできます。興味のあるキーワードを入れて、同じ趣味の人を探したりするのに役立つGoogle検索です。

論文検索

論文検索


https://scholar.google.co.jp/schhp?hl=ja

論文検索をしたい場合には、上のURLから論文検索をしてみましょう。キーワードで検索ができるので便利です。

類似画像検索

類似画像検索


https://images.google.co.jp/?gws_rd=ssl

Google画像検索にアクセスし、検索窓に画像をドラッグアンドドロップすることにより、類似画像検索をすることができます。大好きなアーティストや俳優女優などの画像を探したい時に便利です。

さいごに

Google検索の方法を工夫するだけで、検索の精度は格段に上がります。もし欲しい情報が見つからない場合や、マニアックな情報を収集したいなんて方は、ぜひ試してみてください。